長井で鶴瓶師匠

いやあ。勝てみたいも無い。というのがおいらの中での直感。それくらいひどい状態。けれども、たまたま、パリーグのグループが頑張ってくれるので、ボロッボロの状態ではあるが、それだけゲーム差が広がってはいない。楽しいスタイル。
ウチも腹黒いけれども、偉人も重いスタイル。ここまでね。キャンプですけれどもね。激しくうわさはね。悪かったわけでね。本当に、こんなものかな?っていうのは本音あるね。
投手は、菅野と田口は良いけれども、後がね。マイコラスはでも良いけどね。ここまでだよね。
打線も、坂本、マギー。阿部までは良いけどね。村田は辺りが1塁、3塁といった重なるので、マギー、阿部との併用はできない。あとは、一心不乱やっぱり打てない。ということをね。そういったスタイルなので、クローザーのカミネロをですが、それを外しても、セカンドにクルーズというラインナップをね。
おいらは、ギャレットウェイティングなのかな?ってね。思っていたのよね。レフトでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です